2011年09月23日

『薬を使わない精神科医』宮島賢也医師

宮島先生は、薬を使わない精神科医として
全国的に活動中です。

考え方、人間関係を楽にし、食生活の改善を手伝い、
健康回復、幸せ増進の講演を全国で実施。

症状を楽にし、 幸せになるお手伝いをする
メンタルセラピストを 「メンタルセラピスト養成講座」にて
養成中です。

・国際メンタルセラピスト協会 専務理事

・日本食養協会顧問
僕も到津先生と同様、
薬では自律神経失調症は治らないと伝えています。

----------------------------------------------

自律神経免疫療法の湯島清水坂クリニックで、
さまざまな自律神経の不具合を訴える方を
治療していますが、薬で治らず、違う方法を求めて、
自律神経免疫療法を受けに来ます。



僕自身もうつで7年薬を飲んでいた経験から、
メンタルセラピーを提唱し、
患者さんにストレス対処や楽になる人間関係や
元気になる食生活を提案しています。



症状はストレスをうけているという体からのメッセージです。

警報装置が鳴っているとき、スイッチを切る人いますか?
ガス漏れや水漏れを直しませんか。



薬がしていることはなんでしょうか?

自律神経失調の症状が あなたを自殺や過労死から
守ってくれているのではないでしょうか。



自律神経失調の症状が出たとき、
生き方、考え方を見直すいい機会です。



この到津式自律神経失調症解消プログラムで
自分で症状のメッセージを受けとり、
自分を楽にしてみてください。



薬を使わない精神科医

湯島清水坂クリニック院長 宮島賢也






posted by ataxia at 15:04| 推薦者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

自然治癒力を大切にしている大國義弘医師


大国先生は、「感謝は、病気治しにも役だちます」
ということを提唱しています。

----------------------------------------------


自律神経失調症を解消するプログラムを旧知の友人、
長谷川陽一郎さんがプロデュースしました。



複雑な人間関係の多い昨今、気持ちが萎えて、
自律神経失調症になりがちです。
そんな時、つい薬に頼ってしまいます。



しかしながら不定愁訴を含め、原因が分からない状況下で、
薬を飲んだところで、根本的解決とはなりません。



これは医師も承知ですが、他にやり用が無いから、
止む無く、薬を出しています。



ここに、そのやり用が登場しました。
それがこの到津先生が提供された教材です。



悩める方々の福音とならんことを期待しています。








posted by ataxia at 13:10| 推薦者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。