2015年07月17日

自律神経失調症を改善するには


自律神経失調症は、病気や怪我した時のように、薬を飲んだり手術したりすればよくなるというものではありません。なので、どのようにすればよくなるのかということがハッキリしていません。


原因がよく分かっていないのですが、ストレスが関係していることは間違いないようです。なので、ストレスを取り除いてやるのがいいと考えられています。


ただ、会社や仕事上の人間関係がストレスになっている場合には、すぐに職場や仕事を変えられる訳ではないので、できることが限られてしまいます。一気にストレスのない生活を目指して頑張るのも、逆にストレスを大きくしてしまうことになるので、あまりお勧めできることではありません。



 となると、できることは生活習慣を改善することぐらいです。夜更かしする生活スタイルを朝型に変えていくとか、外食中心の食生活を自宅で食べるようにするなど、小さなことからやっていくのがいいようです。


実際に生活リズムが変わると、とても健康的な生活にかわるので、ストレスが驚くほど減少します。毎朝、朝日を浴びることによって、神経伝達物質のセロトニンが合成されるので、自律神経の働きを活発にしてくれます。


さらに朝の散歩や軽い体操などをすると、セロトニンの分泌がとても良くなります。カラオケなどもスポーツと同じような効果があるようなので、ストレスの発散する上でもいいと思います。


ただ、これらのことを行っても即効性はないので気長に続けなければなりません。最低でも3ヶ月は続けてくださいね。



posted by ataxia at 15:25| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

検査では異常が発見されないことが多い


 自律神経失調症という名称はよく聞きますが、これは正式な病名ではありません。なぜかと言うと、自律神経失調症は、どこか特定の器官に問題があって起きる病気ではないからです。肺が何かの影響で炎症を起こして病気になると、「肺炎」というように診断されます。しかし、いろいろな体調が悪いことを感じて、病院でさまざまな検査を受けても、どこにも異常が発見されないことが多いのが自律神経失調症なのです。


 体調が悪くて病院に行ったのに、医者から「どこも悪くないですよ。」というような診断をされたと思います。こんなに体調が悪いのに、どうしてわからないんだろうと割り切れない気持ちになったことがある人も多いのではないかと思います。


自律神経失調症は正式な病気として認められていないため、自律神経失調症の診断基準がないからなのです。そういうことから、診断した医師も「自律神経のバランスが乱れているせいかもしれない。」と思っても、自律神経失調症という診断ができないという事情があるようです。


なので、「どこも悪くない。」というような診断された時に、「自律神経の乱れですか?」と聞いてみるといいでしょう。そして、その医療機関で対応が出来なければ、「心療内科」という看板を掲げている医療機関で相談してください。



posted by ataxia at 17:07| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

どうして自律神経失調症になるの?


 自律神経というのは、どのような神経かというと、人間が生きていく上で、とても大切な働きをしている神経です。体温を一定に保つ、食べたものを消化する、心拍の速度を調節するなど、我々は、これを意識してやっているわけではありません。


これらのことを自律神経が身体の状態に合わせてコントロールしてくれるのです。なので、我々はこういうことを意識しなくても生きていけるというわけです。



 それでは、人間は、自律神経を脳の「視床下部」というところでコントロールしています。視床下部は、本能的欲求や感情を司る「大脳辺縁系」によって支配され、さらに大脳辺縁系は、理性を生み出す「大脳新皮質」によって支配されています。


何が言いたいのかというと、脳の働きがバランスを崩してしまうと、自律神経の働きも狂いが生じてくるということなんです。最近は、ストレス社会と言われるように、我々は大きなストレスを抱えながら生きています。


なので、ストレスが過剰にかかると、大脳新皮質が大脳辺縁系の働きを抑えてしまうため、食欲や睡眠などの本能的欲求が抑えられたり、感情が乏しくなるなど、いろんな症状が出てくるのです。


自律神経を支配している脳の部分がおかしくなるのですから、当然のように自律神経もおかしくなってしまいます。そして自律神経失調症と呼ばれるような症状を引き起こすと考えられています。


posted by ataxia at 15:27| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

自律神経失調症の症状とは?


 次に上げるような症状がみられる方は、自律神経失調症の可能性を疑ってみる必要がありそうです。

1.いつも疲れていると感じる。
2.とにかく肩がこる。ひどい時には頭痛もある。
3.お腹はすいているのに、食欲が出ない。
4.手足が冷たく感じるのに、顔がほてって仕方がない。
5.熟睡できない。寝てもすぐに目が覚める。
6.喉の渇きをよく感じる。
7.便秘になったり、かと思うと下痢が続く。
8.耳鳴りがしたり、耳がつまった感じがする。
9.何もしないのに息苦しい時がある。
10.掌と足裏によく汗が出る。
11.訳も分からず動悸や息切れを感じることがある。
12.めまいやふらつきがある。
13.よく髪の毛が抜けるようになった。
14.風邪でもないのに微熱が続く。


 これらの症状は、誰でもたまに感じることがある症状ですが、これらのいくつかが続いたり、あるいは、複数の症状が重なって起きる様であれば、自律神経失調症の可能性が高いと考えられます。


 自律神経失調症にかかると、これらの症状が日替わりで起きたり、その程度も日によって違うので、見過ごしてしまうことも多いそうです。とにかく、原因がよく分からない体調の悪さが続くようなら、自律神経失調症にかかっていると疑ってみることです。


posted by ataxia at 14:27| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

女性は自律神経失調症になりやすい


 自律神経失調症は、誰もがかかる可能性のある病気なのですが、女性の方が男性よりもかかりやすいということをご存知でしたか?


 なぜ、女性の方がかかりやすいのか知りたいでしょうが、その前に、なぜ自律神経失調症にかかるのかを考えてみましょう。


自律神経失調症の原因は実はよく分かっていません。なにが原因で起きるのか未だ解明されていないのです。しかし、最近では、どうもストレスの影響が大きいのでは?と考えられるようになってきました。


時代の変化が激しく、スピード化している現代社会において、その流れについていけない人がたくさんいます。そういう人たちが自律神経失調症という病気に悩まされるようになっていくのも無理のないことかもしれません。


変化の激しい社会の中で、肉体的疲労や精神的なプレッシャーが積み重なり、肉体的にまた精神的にバランスを崩してしまうことで、自律神経失調症という病気にかかってしまうようです。


仕事が忙しすぎること、上司や同僚などとの人間関係、さらに先行きが不透明な将来に対する不安や家庭内のトラブルなど、気が休まる時間がないのですから、病気にかかってしまうのが当たり前かもしれませんね。



 ここまでの説明で分かることは、ストレスへの耐性が強い人ほど、この病気にはかかり難いことが分かります。つまりストレスをうまくコントロールできなければ、病気にかかりやすくなるということです。なので、ストレスとの付き合い方を考えなければなりません。



 さて、冒頭の質問です。女性の方がこの病気にかかりやすい理由は、ここまでの説明である程度察しがついている方もいると思います。


最近は精神的に逞しい女性が増えてきましたが、一般的には、女性の方が男性に比べると、精神的に華奢にできていると考えられます。それだけではありません、女性は整理があること、そして妊娠や出産などによって、ホルモンの分泌が乱れやすい身体なのです。ホルモンの分泌の乱れによって、自律神経のバランスを崩しやすくなるのです。


そういう身体的特徴があるので、ストレスだけでなく体調管理にも十分気をつけないと、自律神経失調症になりやすくなるのです。


posted by ataxia at 14:34| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

自律神経失調症の診断法とは


 医師が自律神経失調症と判断するのは、とても難しく悩むことだと言います。なぜかと言うと、患者から症状を聞いて診察した時に、関連がありそうな病気を5〜10件、複雑な症状ならば20件以上も想定してから、検討していくそうです。


想定された病気を生命に及ぶ危険が高い順に、さらに詳しい診察や検査をしながら、その病気に当てはまるかどうかを検討し、可能性のないものを消していきます。そういうことを繰り返して、想定した病気でない場合に、やっと自律神経失調症と診断するのだそうです。


もう少し詳しく説明すると、同じような症状が出る病気をピックアップし、早急に治療が必要かどうかをチェックしていくのだそうです。そうやって、考えられる病気をすべて、検査やチェックを行い、すべての病気の可能性がないことが分かって始めて、診断できるのだそうです。そうでなければ、自律神経失調症という診断はできないと言います。


一度の検査や診察だけで自律神経失調症という断定をすることはないそうです。なので、定期的な通院によって時間をかけて診察することになります。考えられる病気に関する検査だけでなく、ストレスに対する感受性を調べる心理テストや性格テストも行われるようです。



 ということなので、自律神経失調症と診断するまでには、かなり時間と検査が必要になるのです。それだけ、自律神経失調症というのは診断が難しい病気だと考えられます。



 身体のだるさ、頭痛、ドキドキする、クラクラするなどの体調の不調は、自律神経失調症によくある症状ですが、それ以外にも重大な病気のシグナルである可能性もあるので、自己診断するのではなく、病院で診察してもらうことをお勧めします。


posted by ataxia at 12:08| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

自律神経の役割とは?



 自律神経というのは、身体のいたるところに張り巡らされている神経です。自律神経によって得られた情報を脳に伝えたり、逆に脳からの命令を身体の各部に伝えるという重要な役割を担っています。


自律神経は、手や足を動かすような「体性神経」とは違い、体温をコントロールしたり、脈拍数をコントロールする機能を持っています。体調を整えてくれる、とても重要な役割を持っているのです。



 自律神経の不思議なところは、交感神経と副交感神経と言われる2つの神経系で成り立っていて、自動車の機能に例えて言うと、アクセルとブレーキのような関係にあるのです。自動車の運転もそうですが、アクセルとブレーキの使い方が上手くなければ、安全にしかも安定して走ることができません。


自律神経もこれと同じで、交感神経と副交感神経の絶妙なバランスによって、我々の体調をコントロールしてくれているのです。



 そういう微妙な状態にあるので、交感神経と副交感神経の絶妙なバランスが崩れてしまうと、途端に体調が悪くなってしまうのです。例えば、理由もよく分からないのに、頭痛がしたり、吐き気や下痢が続くなど、個人によってさまざまな不調が起こ理ます。


このようなバランスが崩れた状態が長く続くと自律神経失調症と言われる状態になってしまうのです。なぜ、バランスが崩れてしまうのか、本人にはまったく分からないために、対応しようがないのです。本当に、困った病気ですね。

posted by ataxia at 15:21| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

自律神経失調症の症状


 自律神経失調症の自覚症状には、次のような身体症状があります。

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、
緊張するような状況ではないのに脈が速くなる、
血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、
吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順など。



 さらに、精神的な症状は次のようなものです。

 人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など。




 自律神経失調症には様々な症状があります。
そして症状には個人差があるので、どの症状がどれだけ強いか
弱いかは人それぞれです。ですから、個人個人、その症状は様々です。



 
 このような症状がある方は、まず病院に行って
医者に診てもらってください。



原因がハッキリすれば、それで解決しますが、
原因が分からず自律神経失調症というような診断をされると
病院に行ってもなかなか治らないと思います。




posted by ataxia at 15:04| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

自律神経とは


 自律神経は、血管、リンパ腺、内臓など、
自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系です。



呼吸や代謝、消化、循環など、自分の意思とは関係なく
生命活動の維持や調節のために絶えず活動している神経です。



交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、
副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをします。



我々の身体の中では、およそ12時周期で、
この二つの神経の優位が入れ替わると言われています。



夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると
自律神経が興奮し、交感神経と副交感神経の
優位入れ替わりのバランスが崩れることがあります。



このように交感神経と副交感神経の優位入れ替わりの
バランスが崩れると自律神経失調症になるようです。




 自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、
ここでは情緒、不安や怒りなどの中枢とされる辺縁系と
相互に連絡していることから、自律神経失調症には
心の問題も関わってくるようです。



 そりゃそうですよね。
体調が悪くなると、身体がしんどいだけで済みませんからね。
精神的にも落ち込んでしまいますよね。



しかし、そうなる原因を作ったのは自分自身なのですから
し方がありません。しかし、それで解決するわけではないので
なんとかしなければならないですよね。



 放っておけば治ると言うのであれば簡単なのですが、
心まで蝕まれてしまうと長引くだけなので、
できるだけ早く対応しなければなりませんね。





posted by ataxia at 14:12| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

自律神経失調症とは


 ウィキペディアで調べてみると、次のように定義されていました。

 日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、
しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」
と暫定的に定義されている。



 医学用語と言うのは難しいですね。
要するに、原因はよくわからないけれども、
精神的な理由で体調を崩した場合を自律神経失調症と呼んでいるようですね。



 確かに、なんとなく体調が悪くて動きたくないとか
寝ていたいとか思うことが、誰でもありますよね。
普通の人なら、そういう時は、気にせず行動すれば、
翌日には元通りになっていますが、そうでない人もいます。
それが、自律神経失調症の人なのかもしれませんね。



また、「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」と
いうのが一般人の理解であるようです。



 内科の病院などへ行って、体調不良の原因が分からない時など、
医者は原因が分からないものに対して自律神経失調症と診断する
ことが多いそうです。



原因が分からないと患者に言うわけにはいかないので、
何らかの病名をつけて、薬を処方すれば、
患者も納得するし自分の能力のなさも隠すことができる
ということのようです。



まったく、医者というのはいい加減ですよね。
こんな医者に診てもらうと患者にとっては、悲劇ですよね。
しかし、原因が分からないのなら、自分で何とかしなければなりません。






posted by ataxia at 00:00| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

自律神経失調症に対する大きな勘違い


 あなたは、自分に合ったお薬があれば
簡単に自律神経失調症が治ると思っていませんか?


実は薬を飲み続けるのは、「体」にも経済的にも良くありません。

自律神経失調症用の薬について簡単に説明をすると
一般的に薬は痛みを感じなくしたり、症状を緩和するために服用します。


しかし、薬を服用し続けることに、誰もが不安や心配を覚えます。
まして、自分の大切な神経に関係してくるとなればなおさら
その不安が大きくなるのではないでしょうか。


「自律神経失調症を確実に回復させたいけど薬を飲み続けるのは怖いから嫌だ」

「副作用や後遺症・・・・薬物依存とかの可能性もあるから嫌だ」



あなたもこんな気持ちになったことが、きっとあると思います。
実際に、薬の副作用や事故などの報告がたくさんあります。


薬によって、自律神経失調症が解消すると断言することはできません。
ですから、薬を服用すれば改善するとは言えないのです。








posted by ataxia at 13:12| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

自律神経失調症の治療法


 自律神経失調症の患者は、内科ではなく心療内科や神経科に
通院し治療している方がほとんどです。



自律神経失調症の治療には抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法や、
睡眠の周期を整える行動療法などが行われます。
最近では体内時計を正すために強い光を体に当てるなど、
新しい治療法が試みられています。



 西洋医学での改善が認められない場合、
鍼灸・マッサージ・カウンセリングなどが有効な場合もあるようです。
これは、自律神経失調症の原因がはっきりと解明されていない
からだと考えられます。



 成長時の一時的な症状の場合、薬剤投入をしないで
自然治癒させる場合もあります。また、自ら自律訓練法を用いて
心因的ストレスを軽減させ、症状を改善させる方法もあります。



 

 ここで、銀座のメンタルコンサルタントとして有名な
到津 悠(いとうず ゆう)先生を紹介します。



到津先生は、自律神経失調症を克服する名医として有名です。
その“自律神経失調症解消の第一人者”が
「薬に頼ることなく、簡単に自律神経失調症を克服する方法」
を公開してくれました。






posted by ataxia at 13:14| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

自律神経失調症の原因


 自律神経失調症の原因として考えられているのは、
夜更かしやストレスによって、自律神経が興奮したり、
脳の疲労や更年期などの原因によって、ホルモンバランスが
乱れることです。



さらに、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者も
いるので、原因はこれだと断定することができないようです。
しかし、日常生活のストレスにその原因があるようです。



自律神経失調症で苦しんでいる方の半数以上が
ストレスを感じているという報告もあります。




 自律神経失調症の原因はまだ解明されていません。
ということですから、治療法があるわけでもないということです。



しかし、ストレスを持たないこと、規則正しい生活をすること、
このようなことで、自律神経失調症になることは、ある程度
防止することができそうです。



 考えてみると厄介な病気ですよね。
現代病と言っていいのかもしれませんね。



 大自然の中で、太陽の動きにしたがって生活していれば、
このような病気にかかることもないような気がします。
古代人やインディアンなどの生活と言うのが、
健康にはいいのかもしれませんね。



 憧れはしますが、現実的ではないので、
やはり我々は、都市で生活していかなければなりませんが、
たまに自然に触れることをしなければ、このような病気に
かかってしまうのかもしれません。






posted by ataxia at 15:22| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。