2015年07月17日

自律神経失調症を改善するには


自律神経失調症は、病気や怪我した時のように、薬を飲んだり手術したりすればよくなるというものではありません。なので、どのようにすればよくなるのかということがハッキリしていません。


原因がよく分かっていないのですが、ストレスが関係していることは間違いないようです。なので、ストレスを取り除いてやるのがいいと考えられています。


ただ、会社や仕事上の人間関係がストレスになっている場合には、すぐに職場や仕事を変えられる訳ではないので、できることが限られてしまいます。一気にストレスのない生活を目指して頑張るのも、逆にストレスを大きくしてしまうことになるので、あまりお勧めできることではありません。



 となると、できることは生活習慣を改善することぐらいです。夜更かしする生活スタイルを朝型に変えていくとか、外食中心の食生活を自宅で食べるようにするなど、小さなことからやっていくのがいいようです。


実際に生活リズムが変わると、とても健康的な生活にかわるので、ストレスが驚くほど減少します。毎朝、朝日を浴びることによって、神経伝達物質のセロトニンが合成されるので、自律神経の働きを活発にしてくれます。


さらに朝の散歩や軽い体操などをすると、セロトニンの分泌がとても良くなります。カラオケなどもスポーツと同じような効果があるようなので、ストレスの発散する上でもいいと思います。


ただ、これらのことを行っても即効性はないので気長に続けなければなりません。最低でも3ヶ月は続けてくださいね。



posted by ataxia at 15:25| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。