2010年12月14日

自律神経失調症の原因


 自律神経失調症の原因として考えられているのは、
夜更かしやストレスによって、自律神経が興奮したり、
脳の疲労や更年期などの原因によって、ホルモンバランスが
乱れることです。



さらに、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者も
いるので、原因はこれだと断定することができないようです。
しかし、日常生活のストレスにその原因があるようです。



自律神経失調症で苦しんでいる方の半数以上が
ストレスを感じているという報告もあります。




 自律神経失調症の原因はまだ解明されていません。
ということですから、治療法があるわけでもないということです。



しかし、ストレスを持たないこと、規則正しい生活をすること、
このようなことで、自律神経失調症になることは、ある程度
防止することができそうです。



 考えてみると厄介な病気ですよね。
現代病と言っていいのかもしれませんね。



 大自然の中で、太陽の動きにしたがって生活していれば、
このような病気にかかることもないような気がします。
古代人やインディアンなどの生活と言うのが、
健康にはいいのかもしれませんね。



 憧れはしますが、現実的ではないので、
やはり我々は、都市で生活していかなければなりませんが、
たまに自然に触れることをしなければ、このような病気に
かかってしまうのかもしれません。






posted by ataxia at 15:22| 自律神経失調症の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。